オイシックスのライフ・イズ・ベジタブル

有機野菜や自然食品の通販でお馴染み〜オイシックスの創業から震災後の現在まで書かれた本「ライフ・イズ・ベジタブル オイシックス創業で学んだ仕事に夢中になる8つのヒント」高島宏平(著)を読みましたわーい(嬉しい顔)

ライフ・イズ・ベジタブル―オイシックス創業で学んだ仕事に夢中になる8つのヒント

今でこそ普通になった野菜の通販も最初は全然売れずに苦戦したようです。

オイシックスのはじまりは『世の中の役に立つことがしたい』というおもいからスタートしたようです。

そこで調査してみると「農薬や添加物が不安で、スーパーへ行っても、何を信じて買ったらいいのか分からない」「安心じゃないかもしれない食べ物を、子供に食べさせるのは本当に辛い」という声があり色々とアイデアをだして購入しやすくしようと努力されたようです。

しかし、野菜についてはど素人で、仕入れの農家の方にもなかなか当時インターネットで野菜を売るということに理解してもらえず苦労したみたいです。

印象に残っているのは
「作った人が自分で食べない食べ物」
という章です。

取引先開拓で農家さんを訪ねる途中に、農家さんの土地に明らかに色の違う畑が二つあったそうです。

一つは野菜の葉の色が白っぽく、もう一つの畑は緑の色が濃い。

理由を聞いてみると、、、

「葉が白いのは販売用で、濃い色の方は自分の家で食べる自家栽培用だよ」

と言われ
「なんで販売用のほうの葉は、白いのか?」
とたずねると、、、

「あーあれね、農薬だよ」という答えが。

農薬を大量に散布しているため、野菜の葉が白くなるそうです。

もちろんこれは悪意があってやっているのではなく、農協やスーパーマーケットからの指導によるもので、流通側が「見た目のきれいなものを作って欲しい」という要求があるのです。

農家の子供がその白い葉の畑の近くで遊ぼうとすると「こら!そっちの畑は危ないから入っちゃダメって言ったでしょ」と怒られます。

そういう事実をじって「これだけ農薬を使った野菜は食べたくない、食べるのが怖い」と本能的な恐怖を感じ、ましてや小さな子どもを持つ人やお腹に赤ちゃんがいる女性がこの光景を見たら一体どう思うだろうか?
と思いがあったようです。

だからオイシックスの食物は安全・安心にすごく注意を払っているんですねぴかぴか(新しい)

テレビで紹介!Oisixの野菜はこちら





posted by totosi at 2013年09月03日22:19
| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「いのちの林檎」化学物質過敏症と木村さんの林檎

映画を見に行ったときに見つけたチラシですわーい(嬉しい顔)

いのちの林檎

化学物質過敏症に苦しむ人々の真実に迫るドキュメンタリーだそうです。

重症の化学物質過敏症に苦しむ早苗さんと、その命救った木村さんの林檎の物語。

木村さんの林檎は「奇跡のりんご」として映画化されていたのでご存知の方も多いと思いますが、このチラシをみて「化学物質過敏症」をはじめて知りました。



予告編をみて化学物質過敏症がいかに大変なことかわかりましたがく〜(落胆した顔)

チラシの裏に早苗さんと木村さんの言葉が載っていました。

(早苗さんの言葉)
食べ物も、食器も、何もかもに
身体は拒絶反応を起こし、
水も一滴も飲めなくなりました。
どうしたらよいのか分からない時に出会えたのが、
木村さんの林檎だった。
口に物が近づくだけで、呼吸困難っだったのに、
スーと口の中に入れることができました。
この林檎の力はすごかった!

(木村さんの言葉)
枯れていく林檎の木をみて…
実らなくてもいいから枯れないでください…と。
葉っぱ、頑張ってちょうだい。
私が言ったことを木の心が聞いていたんでしょう。
私よりも林檎の木が耐えてくれたんです。


化学物質過敏症の原因はシックハウス、農薬・殺虫剤、有機溶剤などがあげられているようで現状の患者数は少ないとはいえ化学物質がみじかにある環境では誰もが無関係ではないのかもしれません。

実際に花粉症では当然発症する人も増えてきているように、化学物質が体内に蓄積されていき、個人差はありますが許容量が超えれば突然化学物質過敏症になるのかもしれません。

便利な社会も大切ですが、もう一歩前進して便利で安全な社会を目指したいですね。ぴかぴか(新しい)

いのちの林檎・公式サイト-世界で初めての化学物質過敏症を描いたドキュメンタリー -
http://www.inochinoringo.com/

ちょうど劇場でも公開されるようなので見に行こうぴかぴか(新しい)


posted by totosi at 2013年08月10日15:24
| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Gassのオーガニックルイボスティー

Gassのオーガニックルイボスティーです

意外とさっぱりとして冷やして飲むと夏にあいますね。

Gassのオーガニックルイボスティー

有限会社ガスコのブランドGass。

ガスコのでは“From the farm to your tea cap”農場からあなたのティーカップへということでしょうか喫茶店

南アフリカの栽培農家から1杯のティーカップまで。
トータルなラインで品質と安全性の高さで結んでいるということです。

有機栽培のみにとどまらず、有機栽培農家から南アフリカの原料加工工場、日本での製品工場まで全てに有機JASの認定を受けているそうで、妊婦さんも赤ちゃんも、みんなが安心して飲める安全でおいしいお茶になっているようです。

ルイボスは、マメ科の植物で、南アフリカ共和国のケープタウン北に広がるセダーバーグ山脈にに自生するそうです。

厳しい環境で育つせいか高い抗酸化作用がルイボスにはあるようです。

抗酸化作用は、老化や癌、生活習慣病などの原因といわれる活性酸素を抑えてくれるそうです。

安全で美味しい飲み物で健康になれたら嬉しいですねぴかぴか(新しい)

※送料無料(北海道・沖縄・離島以外)【送料無料】ガスコ Gass(ガス) オーガニックルイボスティ...

posted by totosi at 2013年07月30日00:16
| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。